Tomorrow
旅が教えてくれたのは、
日常のくらしを
豊かにするヒント。 日常のくらしを豊かにするヒント。

LIVE AROUND THE WORLD

世界一周旅行が家族の絆を
さらに深めてくれた。

「旅を通して家族が1つのチームになりました」そう話すのは、家族5人で8ヶ月の世界一周旅行を果たした戸田愛さん。旅行会社の添乗員として国内外を飛び回っていた戸田さんは、ライフステージの変化により一度は旅行業界を引退。現在はガイド事業を運営するかたわら、病気や障害を持つ方の旅をサポートするNPO法人を創設するなど、海外と日本をつなぐ取り組みを行なっている。

「働きながら3人の子どもを連れて世界一周をする決断は簡単ではありませんでした」
会社勤めの夫にダウン症の長男、下の子はまだオムツで移動も大変。行けない言い訳はたくさん思いついたという。
「今が行くときだと思えたのは『家族5人で世界一周旅行がしたい』という長女の一言でした。いつか叶えたい夫婦の夢だと考えていましたが、娘のやってみたい!という気持ちを尊重したい想いが決め手になりました」

タイ:最初の街、タイのバンコクに到着!

それまで仕事中心だったご主人は、初めて育休を取得して子育てに向き合い、オンラインで仕事ができる戸田さんは働きながら世界を回ることに。立場が逆転したことで、お互いの悩みや考えに気づくことができたという。
「仕事が忙しく子どもたちと過ごす時間がほとんどなかった主人ですが、この旅で子どもたちからの評価もぐんと上がったんですよ(笑)」
海外という非日常の環境で「家事・育児・仕事」という日常を過ごしたことが、夫婦・親子の関係性をさらに深める時間となったようだ。

アラスカ:-30℃の世界で雪遊び!/アメリカ:ケネディ宇宙センターで飛行士体験!

「くらすように旅する」
ことで
見えたもの。

21ヵ国を小さな子どもと巡る中で何か気をつけていたことはあったのだろうか。
「大人だけで海外へ行くと、観光地やショッピングが中心になりますよね。でも今回は家族5人の旅。世界中でくらすように過ごそうと決めていました」
パリではエッフェル塔に登るのではなく、近くの公園でピクニック。外食ではなく、自炊するなど、現地の生活を体験することでさらにその国の魅力を知っていったという。

フランス:エッフェル塔が見える公園でピクニック!

「子どもと一緒だと街ゆく人が手を貸してくれることが多く、何度も優しさに触れました。日本では迷惑をかけないように。という気持ちが強かったのですが、助けてくれた人も嬉しそうで、頼っていいんだと思えるようになりました」
知らず知らずのうちにできていた常識が壊され、子どもたちとの向き合い方にも変化が生まれるように。
「飛行機が飛ばないトラブルが起きたときに、長女が子どもたちのリーダーになって待機時間を楽しませてくれたんです。今まで親だけで解決しようとしていましたが、家族で助け合えばいいんだと思えるようになりました。

南アフリカ:世界最南西端、アフリカの喜望峰に到着!/アルゼンチン:イグアスの滝で虹を発見!/モロッコ:ラクダに乗ってサハラ砂漠を移動しました

また、障害があり話すことが苦手だと思っていた長男は、ジェスチャーやパッションで想いを伝えるのが誰よりも得意ということを発見。言語が伝わらない海外でたくさんの友達ができました。その姿を見て、親が子どもの限界を決めつけてしまっていたのかもしれないと気づきました」
旅は見たことのない景色や異なる文化を知るだけでなく、見過ごしていた日常に目を向け、新たな価値観を生み出すことにもつながるのかもしれない。

ニュージーランド:大自然の中でキャンプ生活
TODA Family ROUTE

海外と日本の子どもたちを
オンラインでつなぐ可能性。

戸田さんは現在、海外と日本の子どもたちをオンラインでつなぎ、海外への関心を持ってもらうためのスクールや英会話レッスンを行っている。コロナ禍により実際に訪れることが難しくなった今、海外との交流を続けることは子どもたちにとってどんな影響を与えるのだろうか。
「オンラインを使うと場所と人ではなく、人と人が出会うことができるんです。今まで海外を想像した時に景色や有名な場所が思い浮かんでいたのが、あの友達がいる場所に変わる。そうすることでお互いの国や文化に興味を持ち、自然に多様性を理解し受け入れられるようになるのではないでしょうか」

オンラインでカンボジアの子どもたちと文化交流。世界中で友達の輪が広がる楽しさを子どもたちが知る機会に。

物理的な距離や社会情勢による制限を超えて、普段過ごす場所から時間を共有することは、子どもたちが海外を身近に感じるきっかけになりそうだ。
「繰り返される日常の中だとどうしても限られた世界になってしまいますが、色んな国に友人ができたり、知りたい文化が増えたりすることで視野が広がり、選択肢が増えていきます。今の環境が合わないと感じている子どもたちにも海外とつながることで『どこか合う場所があるかもしれない』とポジティブな気持ちになってもらえると嬉しいです」

オンラインを使って海外の美しい風景や観光地に訪れることが容易になった現在。さらに一歩踏み込み、その国の人や、文化とつながることが日々のくらしをさらに豊かにしてくれるかもしれない。
「私も子どもたちも、オンラインを通して世界中に友達ができました。次はみんなに会いに行きたいねと話しているんです。実際に行けるようになったときには、これまでと違う視点で旅ができるんじゃないかと今から楽しみです」

戸田愛さん
Profile
戸田愛さん
「旅を通して人と学びを繋ぐ」をコンセプトにした旅行会社、とことこあーす株式会社代表取締役。NPO法人リスタート・トラベル代表理事。

インタビュー動画公開中!
戸田さんとインテリアコンシェルジュ古市さんによる異業種トークセッションの様子をご覧いただけます。

Tomorrowをもっと見る

  • TWITTER
  • LINE
  • facebook