Tomorrow
もっとおいしく、
もっとかわいらしく。
奥深いスイーツワールド。

MY SWEETS WORLD

スイーツ好きの人たちと
幸せを共有する毎日。

昼下がりのキッチンに、生クリームを泡立てる音が響く。ケーキ台にはふわふわに焼きあがったシフォンケーキ。お子さんが帰ってきたらホイップクリームとフルーツをトッピングして、手づくりケーキと会話を楽しむひと時が始まる。

5年ほど前から、スイーツづくりを楽しんでいるという野田実希さん。今ではタルギケーキやブランマンジェのスイーツなど、レパートリーの幅が大きく広がっている。

「最初のうちは、思い通りに仕上がらないこともよくありました。でも、失敗した原因を考えて、次は上手にできるはず!と試行錯誤するのが楽しくて。スイーツをつくる回数も自然と増えていきました」

季節のフルーツを選び、色合いやレイアウトにこだわってつくられたスイーツは、みずみずしく美しい。このスイーツのでき栄えを多くの人と共有することも、スイーツづくりを続けるモチベーションになっているという。

「完成したスイーツを撮影してSNSに投稿すると、いろいろな方から反応をいただきます。『写真を見て幸せな気持ちになりました』といったコメントをもらうと、次はどんなスイーツをつくろうかなとワクワクします」

海外の方から英語のメッセージをもらったこともあるという野田さん。工夫を凝らしてつくり上げたスイーツが、スマートフォン越しに見る人々を幸せな気持ちにしている。スイーツをつくって味わうだけでなく、その魅力を発信して人とつながり、共感し合う。現代ならではのスイーツづくりの楽しみ方と言えるだろう。

母から自分、そして娘へと
レシピを受け継ぎたい。

野田さんは、シフォンケーキづくりに特別な思い出があるという。

「私が小さいころ、当時はまだ珍しかったシフォンケーキをよく母が焼いてくれました。普通のスポンジケーキよりもふわふわで柔らかくて、いくつでも食べられそうな気がしました」

野田さんがスイーツづくりを楽しむようになったのは、幼い頃に手づくりスイーツのおいしさを知ったことが大きいようだ。

「仕事や子育てで忙しかった時期は、家事以外に気をまわす余裕がありませんでした。でも、次第に娘に手がかからなくなって、母のケーキづくりを手伝った時の楽しさを思い出したんです」

お母様から改めてレシピを教わり、大切に保管されていたシフォンケーキ型を譲り受けた野田さん。そこからスイーツづくりへの思いが次第に高まり、「ケーキを買ってくるよりも、自分でつくる方が自由にアレンジできて楽しい」と思うようになった。

「スイーツづくりは自分一人の楽しみではなく、家族やお友達と『おいしい』感覚をわけあえるところがいいですね。それに、もっとおいしく、もっとかわいくつくろうと工夫を重ねることで、少し大げさですけど、自分の成長を感じられるんです」

これからは、スイーツ好きのお友達と一緒につくる機会を増やしていきたいという。そして、いずれは娘さんにお母様のレシピを伝えて、親子三代でスイーツづくりを楽しみたいと夢を語ってくれた野田さん。これからも素敵なスイーツをつくって、家族や周りの人の笑顔を広げていきそうだ。

Profile
野田 実希(のだ みき)さん
@koron.n

Tomorrowをもっと見る

  • TWITTER
  • LINE
  • facebook