私の理想のくらし

暮らしのリズムは
薫り高き一杯から。

珈琲を点(た)てるということ。
起きたらすぐに窓を開けて
新鮮な空気を取り入れる。
部屋を整えて、豆の種類を選び、
ゆっくりと丁寧に挽いていく。
茶室で茶を点てる際に客人のために
万全な準備をするのに似ている。
珈琲が醸成する空間、流れる静かな時間は
かけがえのないものになっていく。

私の理想のくらしをもっと見る

  • TWITTER
  • LINE
  • facebook